プリザーブドフラワーQ&A

Q.プリザーブドフラワーってどんな花なの?
A.「プリザーブドフラワー」とは、生花からできています。
自然界の花を、長期間枯れないように特殊な方法をつかって 加工した花です。
生命の息吹を感じさせる 活き活きとした花や草。花は、想いをつたえることができる、不思議なパワーを秘めていますが 命短く 枯れてゆきますね。
プリザーブドフラワーならキレイな状態を 数年お楽しみいただけます!

プリザーブド  Preserved とは、英語で保存する という意味で、生花が有機物質や色素を花本来の力で吸い上げた花をいいます。発色がとてもよくしっとりした感触があり生花でもなく、ドライフラワーでもなく、限りなく生の花に近い質感をもった今注目の花です。
1970年代終わり、「長寿な切花」としてブリュッセル大学とベルリン大学、フランスのベルモント社の共同研究からスタートしました。10年もの研究の結果、1987年、ようやく完成。1991年、ベルモント社がプリザーブド加工技術の国際特許を取得しました。

日本上陸は、特許取得後の2年後、1993年でした。池袋サンシャインシティで行われた「日本高級インテリア市場国際貿易展」に出展されました。
その後、加工メーカーも、花材の種類も増えつづけており、魅了される人も 増え続けています。
アイビーでは、日本ではまだ珍しかった2001年に、プリザーブドフラワーの取扱いをスタートいたしました。ブリザードフラワーの特性について豊富な経験、ノウハウを有しております。

Q.お取り扱いの2つのポイント!
A.【 高温多湿を避けて下さい。 】
プリザーブドフラワーは、保存状態によって、「持ち」がかなり変動いたします。
湿気と高温を避けてください。湿度30~50パーセント、温度18度~22度が最適といわれています。
湿気と温度の高い場所に保管されますと、吸いあげた着色料が染み出してきます。
着色料は人体に無害ですが、カーテンやリネン類に色移りすると取れにくいため、ティッシュなどで拭きとってください。

【 明るい場所、強い光を避けて下さい。 】
直射日光・強い光を避けてください。色あせしてしまいます。贈りものとして安心してご利用いただけるよう、取扱説明書をすべてのお届けに同梱させていただいております。

Q.プリザーブドフラワーの長所と短所
A.【 長期間枯れません。 】
なんといっても、最大の長所は、数年、枯れないことです。生花は、季節によって、1日~数週間で枯れますが、プリザーブドフラワーなら、自然界の限りある命を水も光もあたえることなく1年~5年はみずみずしい状態で楽しんでいただけます。ウェディングブーケとして海外での挙式や前撮り用に、人気が高まっています。

【 水やりが不要です。 】
プリザーブドフラワーに 水やりは必要ありません。このため、どこにでも 飾っていただくことができます。
壁、ドア、オフィス、ホテルのエントランス、医院受付など、用途は広まる一方です。
湿気は大敵です。湿度30~50%程度の乾燥した場所に飾っていただくと、永く楽しんでいただけます。

【 青いバラなど、自然界にはない様々なカラーバリエーション 】
プリザーブドフラワーの花の色は、着色料の色ですので、自然界には存在しない 色のバラもつくることができます。青色、マットな緑色・・
着色料は、食品や、製薬に使われる、人体に無害なものですのでご安心ください。外部圧力で吸わせるのではなく、生花が自分の力で吸い上げることで着色されます。

【 花粉や香りがありません。 】
花粉アレルギーに弱い方、香りに弱い方もプリザーブドフラワーなら問題なく飾っていただくことができます。病室へのお見舞いでは、強い生花の香りは 避ける場合がございますが、プリザーブドフラワーなら、心配ございません。

Q.彼と一緒にプリザーブドフラワーをつくってみたいのですが

A. 弊社の関連会社 株式会社バラの学校 では、生花のプリザーブドフラワー加工や、
プリザーブドフラワーアレンジのてづくりを お教えしています。お申込みのうえ、お越しください。

プリザーブドフラワー・飾り方・お手入れについて

Q.結婚式まで2週間あるが、届いたお花の保管方法は?

A.お受取りいただいたまま、保管されるのが 一番おすすめでございます。

箱は、涼しく、風通しのよい、直射日光のあたらない、できれば暗い場所に当日まで保管ください。

Q.ホコリはどうしたらいいですか?また色あせ対策はありますか?

A. 一度ついてしまったホコリは とらないよう おすすめさせていただいております。

ホコリをとる際にプリザーブドフラワーが傷つき、ヒビワレなど劣化が生じるためです。ホコリは、つく前に未然に防がなければなりません。市販のプラスチックケースに収納されるか、ケースがない場合はカップボードやキャビネットへの収納をおすすめいたします。
次に色あせ対策は、強い光(スポットライトをあびる場所や明るい窓際)を避けて飾ることをおすすめいたします。つまり、強い光のあたらない場所のキャビネットに飾られることをおすすめいたします。

Q.ブリザードフラワーは、本来、ケースに入れて人工的に鑑賞する物なのでしょうか?
A. ケースはホコリよけ目的ですので、風情があまり感じられないと思うのです。また、ホコリよけのケースのサイズも限られているためでございます。そのままお飾りいただくことをオススメいたします。

Q.プリザーブドフラワーが高価な理由?商品サイズについて
A.プリザーブドフラワーは生花にくらべ、残念ながら 3倍~5倍程度の価格です。原因は、生花として収穫した後に、特殊加工(プリザーブド加工)をほどこしているためです。
ただし、保管に気をつけていただければ、生花の数十倍 長くお楽しみいただけること、みずやりなどのお手間が不要なことからウエディングブーケやお見舞いの花、オフィスに、と需要は拡大する一方です。
プリザーブド加工技術は 進化をつづけています。以前は加工が難しかった生花も、加工が可能になってきています。将来、すべての生花がプリザーブド加工されるようになれば、現在より豊富なデザインが市場に出回るようになることでしょう。

Q.1年位は飾っておきたいなどと考えているのですが、無理ですか?

A.大丈夫でございます。
気温18~25℃、湿度30~50% の最適な環境を保っていただけますと、1年くらいは美しい状態をお楽しみいただけます。
特に湿気を嫌います。水場の近くは避け、風通しのよいところに飾ってください。また、直射日光や強い光にも弱いため、窓際は避けください。

Q.長もちさせるために最適な環境を教えてください

A.プリザーブドフラワーは、ゆっくりと時間をかけて劣化いたします。
このため、ある日突然飾れなくなる、といったことは稀で、飾れる・飾れない、という境目は非常にあいまいです。

「もう飾れないなぁ」のタイミングが、おひとりさまごとに異なるという点をあらかじめご理解いただきたいと存じます。
その前提で、弊社では1週間~5年、とかんがえております。幅がありますのは、保管環境によって劣化のスピードが大きく変化するためです。真夏の直射日光をあびると、1週間程度で色あせ、液漏れ、花びらのヒビワレなどが発生します。

Q.花びらがひび割れてきたのですが・・・

A.プリザーブドフラワー生花と同じくらい、繊細です。
「バラ」の花びらには 生花と同じくらい、亀裂が入りやすく、仕入れた時から細かい亀裂がはいっている場合やお客様へ輸送中、空気中の湿気や振動で亀裂がはいる場合、 さらに、お客様がお受取後そっと飾っておられるだけで、時間の経過とともに、亀裂がはいるのです。

亀裂は、生花やプリザーブドフラワーの特性ですので、残念ながら、防ぎようがないのが実情です。
丸みをつけて、カットするだけで美しい花びらがよみがえります。
カットは、ご家庭にあるハサミで充分です。ぜひお試しくださいませ。

Q.プリザーブドフラワーは何年位もちますか?暑さには強いですか?

A.プリザーブドフラワーは環境に左右されるデリケートなお花です。
ひとことで申しますと、プリザーブドフラワーはわたしたち人間と良く似ているとお考え下さい。
人間にとって心地よいのは湿度が高くなく空気がさらっとしていて、寒すぎず、暑すぎない日ですね。
プリザーブドフラワーも湿度が30-50%、気温が18-25度が 最適な環境だといわれています。

では、あてはまらない環境に保管するとどうなるのでしょうか?
答えは、人間とよく似た症状が表れる、です。

暑すぎると、プリザーブドフラワーも汗をかきます。プリザーブドフラワーが吸い上げた着色料がしみだしてきます。着色料がしみだすと、色がぬけ、色あせ(色が薄くなる)します。
寒すぎると、皮膚と同じで みずみずしさが失われ、花びらがひび割れたりします。

また、極端に乾燥した場合は人間の皮膚と同様、みずみずしさが失われます。極端な多湿は、高温の環境下と同様、汗をかきます。
人間は 生きているため 元に回復する力がありますが、プリザーブドフラワーは いったん劣化すると元にもどらない、という点が 人間と異なる点です。

Q.プリザーブドフラワーをどのように育てたらいいですか?

A.「育つ」 というよりは、「保つ」という感じです。
プリザーブドフラワーは湿気と明るい光が苦手です。
湿気の多いところというと ご家庭では 洗面所や、お鍋のそば 明るい場所というのは 日光の入る明るい窓際や、スポットライトのあたる場所などです。
このような場所におくと、色あせや 花びらのひび割れが生じ、みずみずしい感触がなくなりますので、ご注意くださいませ。

Q.プリザーブドフラワーはどんな花でもできますか?

A.向いている花、向かない花 がございます。
向いているのは、バラやカーネーションなど花弁(花びら)の枚数が多い花です。

プリザーブドフラワー加工に向かないといわれているのは、花弁(花びら)の枚数がすくなかったり、花びらが はずれやすい花です。プリザーブド加工過程で、破損してしまうのです。
最近は、加工技術が改良され新素材がぞくぞくとふえてきました。
今後、プリザーブドフラワーの種類はふえつづけ、豊富なデザインがご提供できるようになるはずですのでわたくしどもも楽しみにしております。

Q.長持ちさせるコツを教えてください

A.湿気と高温を避けてください。

湿度30~50パーセント、温度18度~22度が最適といわれています。
湿気と温度の高い場所に保管されますと、吸いあげた着色料が染み出してきます。
直射日光・強い光を避けてください。色あせしてしまいます。また、花びらが透きとおったら危険信号です!
涼しい場所にある戸棚や密閉ケースのなかに、除湿剤・防虫剤と一緒にしまっておくと元に戻ります。
※洗面所や雨の日の玄関を避けて飾ってくださいませ。

Q.ブリザードフラワーは、虫がついたりしませんか?

A.いいえ、稀に 発生する場合がございます。高温多湿の場所に保管されますと、虫が発生する場合がございます。
万が一 虫が発生してしまった場合は、早急に発生場所をはさみなどでカットしていただき、廃棄なさってください。
放置されますと、虫が増えてしまうことがございます。

部分廃棄されたあとは、防虫剤・除湿剤と一緒に、なるべく光のあたらない、涼しい通気性のよい場所で保管なさる事をおすすめいたします。